ノベルズグループ|北海道十勝を拠点に肉牛・酪農・食品事業を展開

十勝ハーブ牛

北海道の十勝を拠点に畜産・食品事業を展開するノベルズグループ。畜産分野における“6次産業化”を推進。自社ブランド「十勝ハーブ牛」の加工食品を製造し、首都圏を中心に、営業活動に取り組んでいます。


 

新しい牛肉のご提案

「十勝ハーブ牛」の創作料理。ミシュランガイドの星を10年連続で獲得する南青山の「ランベリー ナオト キシモト」で2017年2月に開かれた試食会で振る舞われました

 

 牛肉本来の美味しさ。そのすべてが十勝ハーブ牛には凝縮されています。十勝ハーブ牛は黒毛和牛とホルスタインから産まれた国産牛。北海道の清らかな空気に大雪山系の伏流水、そして北海道産の稲わらをたくさん食べることで健康的に育ちます。「毎日食べてもらうものだからこそ大切にしたい」。エサに17 種類のハーブをブレンドしているのは、そんな想いからたどりついた私たちのこだわりです。

 

 

強い旨みと程よい霜降り

 「ホルスタインの肉付きの良さ」と「黒毛和種の霜降り肉」の特長を受け継ぐ交雑種の自社ブランド「十勝ハーブ牛」。ノベルズグループの肥育牧場で「交雑種1産取り肥育」により生産され、長期飼養によって醸し出される強い旨みとコク、程よい霜降りが高く評価されています。

程よくサシの入った「十勝ハーブ牛」のロース肉

 

新しい価値を創造

 自社ブランド「十勝ハーブ牛」の美味しさを、より多くの消費者にお届けしようと、加工食品の開発や製造販売に注力。「十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ」に代表される加工食品は、素材の持ち味を生かした加工が特色で、手軽に安心してお召し上がりいただけます。

 

 

事業概要

  • 十勝ハーブ牛ブランドサイト
  • グループ動画「スタッフの思い」編
  • グループ動画「交雑種1産取り肥育」編
  • グループ動画「農家の方に聞く」編
  • 採用情報へ
  • 第一次産業ネット
  • マイナビ2018
  • ノベルズグループ公式YouTubeチャンネル
ページトップへ