ノベルズグループ|北海道十勝を拠点に肉牛・酪農・食品事業を展開

採用担当よりメッセージ

ノベルズグループ主要各社の採用活動を担当している株式会社ノベルズの採用担当より、求人応募を検討される方へのメッセージです。


 

ノベルズグループで「人間力」を高める

株式会社ノベルズ 採用担当取締役  吉田 大樹 

大切な謙虚さと感謝の気持ち

株式会社採用担当の吉田取締役。ノベルズグループの催しで活躍

 採用活動に担当する私が、最も重視しているのは、求人に応募され、面接に臨まれる方人の「人間力」です。勉強ができること、それまでの実績はもちろん大事ですが、会社という組織の中で共に夢を追いかける人には、何より「謙虚さ」と「感謝の気持ち」を持ち続けてほしいと願っています。

 

働くすべての方が成長できる職場

 ノベルズグループが掲げる「日本一の牧場をつくる」という大きな目標は、けっして事業規模の拡大だけを意味するものではありません。共に汗を流して働くすべての方が成長できる職場を実現できる企業でありたいと考えています。常に、謙虚な気持ちと姿勢で上司、同僚、後輩に接することにより、自ずと今までにない出会いや知恵が集まるはずです。そうした積み重ねが、会社を発展させ、国内唯一のビジネスモデルとされる「交雑種1産取り肥育」の事業化や、自社ブランドの「十勝ハーブ牛」の販路拡大に貢献できる最大の力となってきました。

 

社員1人ひとりが企業価値を向上させる

ノベルズグループ動画①「肉牛事業編」のワンシーン

 また、ノベルズグループが掲げる「日本一の牧場をつくる」という目標は、企業の価値を向上させるという意味もあります。社員1人ひとりが自分の担当する分野においては、「業務の円滑化や生産性を高める“経営者”である」との意識を持ち、課題抽出と解決に取り組むことも重要です。例えば、それぞれの創意工夫が組織において活かせるようなミーティングを推奨することで、年齢や部門の垣根を越えたチームワークを大切にしています。

 

地域経済の発展への貢献が使命

 現在、私たちノベルズグループは、酪農の規模拡大を推し進めています。「農業で世界中に驚きと笑顔を」という経営理念にある“笑顔”を絶やさぬよう、地域の多くの方々と共生し、地域経済の発展に寄与・貢献することが使命であるとの自覚も必要です。

 ノベルズグループで人間力を高め、日々成長し、「この分野では誰にも負けない!」という自らの仕事に意欲と使命を胸に、熱意を持って仕事に取り組むことができる方からのご応募を心よりお待ちしております。

 

 

会社と共に、チャレンジし続ける

株式会社ノベルズ 採用担当  持塚 瑠衣 

“日本一”の牧場をつくるために

株式会社ノベルズで採用を担当する持塚

 “日本一”の牧場をつくり、世界中に驚きと笑顔を提供する――。それがノベルズグループの使命だと私は考えています。その実現には、日々進歩し続ける高度な畜産技術をいち早く吸収し、変化する市場のニーズに対応した、より良い製品やサービスを生産しなくてはなりません。ノベルズグループで働く皆が、常に成長し続けることが求められているのだと思います。

 

未来のノベルズをつくるのは私たち

 そのため、私たちは常に“チャレンジ”し続けています。牧場内の様々な試験から新規事業の立ち上げまで、多くのスタッフが、さまざまな“チャレンジ”が常に取り組んでいます。会社を成長させるのは、高価な機械でも高度な技術でもありません。それらはあくまで道具であり、それを使いこなす“人財”こそが、新しい未来のノベルズグループを、日々少しずつ築き上げてゆくのだ、と考えています。

 ノベルズグループには、多くの現場経験が積める大規模飼育、より専門性を追求できる部門制、徹底した見える化、多数の専門家との連携、社員のステージにあわせた各種研修というように、大切な“人財”に思う存分、力を発揮していただける職場環境や社内の仕組みが整っています。

 

失敗を恐れず、チャレンジする

 私たちはこれからも、“日本一”の牧場を目標に挑戦し続けます。そのためには、私たちの想いを共感していただける“同士”の力が必要です。ノベルズグループで“日本一”の夢を追いかけ、会社と共に成長していきたいと考える方。そして失敗を恐れず、チャレンジできる勇気と気概をお持ちの方に、ぜひ、ご応募いただければと思います。あなたの応募を、お待ちしております。

採用エントリーフォーム

採用情報

  • グループ動画肉牛事業編
  • グループ動画企業経営編
  • グループ動画地域共生編
  • リクナビNEXT
  • 第一次産業ネット
  • マイナビ2018
  • 十勝ハーブ牛ブランドサイト
  • ノベルズグループ公式YouTubeチャンネル
ページトップへ