ノベルズグループ採用サイト

十代の迷いと葛藤を胸に
いざ、夢の舞台 北海道へ!

左﨑 敦也

  • 酪農

左﨑 敦也

2016年入社
畜産事業本部 酪農事業部 搾乳部門(株式会社ノベルズデーリィーファーム)

旅立ち

自分の将来と真剣に向き合った十代

滋賀県で生まれ育った僕は、農業とは無縁の生活を送っていました。

中学・高校時代はサッカーに明け暮れ、気がつけば、何の夢も志も持たない浪人生。ありきたりの未来がすぐ目の前に迫っていることに、心のどこかで焦りを感じていました。

そんな僕の人生は、ある一冊のマンガとの出会いによって思いもしなかった方向へと進んでいきます。

「銀の匙 Silver Spoon」。受験勉強に挫折した主人公が農業高校に進学し、生き物や仲間たちと触れ合いながら成長していく青春マンガです。

この主人公がすごく自分と重ね合って、「これだ!」と思いました。それからすぐに受験勉強を中断し、軍資金を貯めるためのアルバイト生活を始めました。

実はこの話をすると今でも笑われます(笑)。でも当時の僕は自分の将来と、初めて真剣に向き合っていました。

仕事

牛たちの健康を守るために

僕は現在、搾乳部門で乳房炎の治療に当たっています。乳房炎とは、乳牛のオッパイにばい菌が入ることで引き起こされる炎症のことです。この業界では比較的ポピュラーな病気ではありますが、生産高に直接影響する症状なので早期発見・早期治療が何よりも求められています。

症状から原因菌を見極め、それに合わせた薬を選び、組み合わせるのが、この仕事の難しさです。先輩は少し症状を見ただけで、最適な処置法を一瞬にして導きだします。先輩たちのレベルの高さを目の当たりにするたび、自分はまだまだだと痛感しますね。

乳房炎は、この世に菌が存在する限り無くすことはできない病気だと言われていますが、減らすことはできるはずです。そのために必要なことは徹底した衛生管理です。

ノベルズは業界内でいち早く「HACCP認証農場」の指定を受け、衛生管理への取り組みを全社的に進めてきました。同時に現場業務の「見える化(数値化)」を推進することで、スタッフ一人ひとりに「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の5S活動を生産性向上につなげようという意識が根付いています。

暮らし

信じた道を進むのみ!

「銀の匙」と同じ舞台、北海道十勝から始まった僕の新しい人生。

来たばかりの頃は、朝から晩まで牛たちに振り回されっぱなしで、アパートに帰る頃にはもうぐったり。おまけに慣れない北海道の気候。ある程度の寒さは覚悟していましたが、まさか鼻毛が凍るほどとは(笑)。

 

 

今にして思えば、ノベルズを選んだことはとても幸運でした。生産現場を一番に想ってくれる会社で、働き始めてからたった1年で残業はほとんどなくなりました。先輩や上司はいつも気にかけてくれますし、僕の成長を喜んでくれています。

この先の人生に何が待っているか分かりませんが、少なくともあのときの決断は間違っていなかったと、今なら胸を張って言えます!

 

 

この記事がポスターになりました!

※クリックすると大きく表示

プロフィール紹介

出身:滋賀県
僕の故郷、東近江市は戦国時代の風景が至るところ見られる歴史の街です。「近江牛」と「十勝ハーブ牛」、どっちがおいしいかはノーコメント(笑)。

経歴・キャリア

2016年 入社
2016年 ノベルズデーリィーファーム 配属

座右の銘

「チャレンジ」
新しい経験から得られることはたくさんあるはず。だからおそれず、迷わず、何事にもチャレンジしよう!

オフの過ごし方

北海道にはきれいな川や湖がたくさんあります!
大自然の中で釣り糸をたらしていると、疲れも心配事もぜーんぶ忘れてしまいます。

その他の社員インタビュー

武内 麻弓
  • 肉牛

熱くて心のやさしい人たちが集まった とてもやりがいのある場所です。

武内 麻弓

2001年入社

岡田 俊介
  • 肉牛

ノベルズの若きメカニック 自分史上、最大の農業機械と出会う。

岡田 俊介

2012年入社

北村 渉
  • 酪農

酪農の未来はここから始まる! 可能性にあふれるノベルズの酪農事業

北村 渉

2010年入社

持塚 瑠衣
  • 事務

大切な仲間たちのために 私にできること。

持塚 瑠衣

2011年入社

一覧へ戻る
TOP