ノベルズグループ採用サイト

生乳と子牛を同時生産 循環型農業の理想を掲げて

生乳のみならず、黒毛子牛子を同時生産する独自スタイルの酪農に加えて、バイオガス発電所を仲立ちとする循環型農業を推進するノベルズグループの酪農事業部のお仕事を紹介します。

 

従来の酪農業の枠組みを超えた新しい循環型農業を推進

道内屈指の大規模ギガファーム

年間1万7千トンの生乳出荷し、道内屈指の規模をもつ酪農ギガファームを運営する株式会社ノベルズデーリィーファーム。十勝管内清水町の酪農牧場で2,000頭超のホルスタインを飼養する同牧場は、肉牛事業で培った受精卵移植のノウハウを生かして生乳と子牛を同時生産し、道内でも多くないデントコーン主体の独自の飼料設計を採用。2017年春には、酪農牧場のバイオマスを有効活用するバイオガス発電所が本格稼働。地域の畑作農家と連携してデントコーンの作付面積を拡大するなど、酪農事業部は、従来の酪農業の枠組みを超えた新しい循環型農業を推進しています。

 

 

酪農事業部が推し進める循環型農業は、地域と共に繁栄することを願う地域共生の考え方に基づいています。こうした展開にご興味のある方は、ぜひ、こちらの動画をご覧ください。

 

繁殖部門

牛の発情のタイミングを見極め、受精卵移植により種づけしていくのが主な役割です。短い期間で効率良く妊娠させ、受胎率を向上させるのが目標です。

 

分娩・診療部門

母牛の状態を見ながら分娩の兆候を見極め、安全に子牛を産ませます。死産を避けるために必要に応じて獣医師とともに分娩介助や帝王切開などの処置を施します。

搾乳部門

朝・夕2回、ミルカーと呼ばれる機械で生乳を絞ります。エサの配合や、環境整備など、さまざまな取り組みから生乳量を増やすことを目標としています。

飼料部門

牛種、段階ごとに飼料を設計。生成したのち、トラクターで牛に与えていきます。食べ残しや他部門の成績をチェックし、最適な飼料を考え出すのも大切な仕事です。

 

堆肥部門

乳用牛の排泄物の処理をします。肉牛と比べ水分が多く含まれていることから、一部はバイオガス発電の原料として利用されます。

 

バイオガス部門

主に酪農牧場から搬入した乳牛の排泄物を原料に、発電を行います。また、発電後に出てくる消化液(液体肥料)を近隣の農家さんの畑に散布します。

「牧場を支える仕事」はこちら

お仕事紹介アイコン

お仕事紹介

ノベルズの牧場には、牛の成長に合わせてさまざまな仕事があります。

TOP