ノベルズグループ|北海道十勝を拠点に肉牛・酪農・食品事業を展開

帯広市民大の講演が日本農業新聞に記事掲載

帯広市民大学講座で株式会社ノベルズ社長、延與雄一郎と同専務、名塚正之が講演し、2016年7月28日付の日本農業新聞の地方版で紹介されました。


 

経営の“多角化”を実現した背景を紹介

 日本農業新聞の記事で紹介されたのは、2016年7月22日(金)に帯広市内で開かれた帯広市教委主催の市民大学講座で、「今こそ考える十勝の“価値”〜持続可能な強い農業を目指す(株)ノベルズの取り組み〜」と題して、社長延與と専務名塚が講演。記事では、肥育牛と子牛を同時に生産する「交雑種1産取り肥育」の事業化した経緯や、肉産業界では内製化が珍しい受精卵生産なども手がける経営の“多角化”を実現できた背景を紹介いただきました。

メディア掲載

ニュースリリース

アーカイブ

  • グループ動画「スタッフの思い」編
  • グループ動画「交雑種1産取り肥育」編
  • グループ動画「農家の方に聞く」編
  • 採用情報へ
  • 第一次産業ネット
  • マイナビ2018
  • 十勝ハーブ牛ブランドサイト
  • ノベルズグループ公式YouTubeチャンネル
ページトップへ