ノベルズグループ|北海道十勝を拠点に肉牛・酪農・食品事業を展開

No.3牛スネ肉と牛蒡のつけ南蛮(十勝ハーブ牛レシピコンテスト)

 

材料(4人分)

そば 4人前
長ねぎ 1本
1,200cc
うすくち醤油 100cc
みりん 100cc
十勝ハーブ牛すね肉 脂身100g
脂身を除いた部分200g
ごぼう 1本
だしの素 小2
ウスターソース 大2
砂糖 大3

 

作り方

  1. 牛スネ肉を白身と赤身に分けます(※赤身に白身が少し残るくらいで大丈夫です)。赤身は、薄めにスライスしておきます(※冷凍の場合は半解凍程度にしておくとスライスしやすいです♪)。白身は、2cmのサイコロ状にします
  2. ごぼうをささがけにして水に30分程度さらしておきます(※途中何回か水を取り換えるとあくがよくとれます)
  3. 鍋に水、だしの素、うすくち醤油、みりん、さとうを入れて強火で煮立てます(※すき焼きのタレを使うと、さらにお手軽にできます)
  4. フライパンで、牛スネ肉の白身を中火で1分ほど炒めます
  5. そこに、ごぼうのささがけを入れて強火で2分ほど炒めます(※表面に少し焦げ目がつくぐらいが風味が出て美味しいです)
  6. フライパンの中身を、鍋に入れ弱火で10分ほど煮込みます
  7. 別の鍋でお湯を沸かします
  8. そばを茹でます
  9. スライスした赤身の牛スネ肉をたれの鍋に入れて30秒ほど強火にかけて火を止めます
  10. そばをザルにあけ氷水でよく冷やして水を切ります
  11. そばを盛付け、タレを小丼に入れ、みじん切りのねぎを添えたら完成です(※お好みで、わさび、のり等をトッピングしてどうぞ)

 

PRコメント

牛スネ肉といえば、煮込み料理をイメージされると思いますが、煮込み料理はどうしても時間がかかってしまいます。
そこで、さっと作れて牛スネ肉の美味しさを引き出せる料理はないかと考えたところ、牛スネ肉の食感が鴨肉に似ているように感じたので、「つけ南蛮」にできないかと考えました。
牛スネ肉は鴨肉に比べ非常に濃厚なスープが出るので、ごぼうと合わせることにより、コクのあるうまみを充分いかしたつけ南蛮が出来上がりました。
今回のレシピは「牛スネ肉」をはじめ「ごぼう」「ねぎ」「そば」とすべての食材が十勝です。しかもシンプルでリーズナブル。美味しい「牛スネ肉と牛蒡のつけ南蛮」をぜひ一度お試しくださいませ。

 

 

十勝ハーブ牛レシピコンテストの詳細はこちら

グループの取り組み

トピックス

アーカイブ

  • グループ動画肉牛事業編
  • グループ動画企業経営編
  • グループ動画地域共生編
  • 採用情報へ
  • リクナビNEXT
  • 第一次産業ネット
  • マイナビ2018
  • 十勝ハーブ牛ブランドサイト
  • ノベルズグループ公式YouTubeチャンネル
ページトップへ