ノベルズチャレンジ基金

十勝を拠点に広く活動するスポーツ、芸術文化活動を応援!

「ノベルズ チャレンジ基金」(第1期)採択者を決定

「にっぽんチャレンジ」「ほっかいどうチャレンジ」「とかちチャレンジ」の3部門
アイスホッケー、スケルトン、スノーボード、スピードスケート、書道分野で6組の活動を採択

十勝地域のスポーツ、芸術文化活動の支援を目的とした「ノベルズ チャレンジ基金」の今年度の採択者が決まりました。

5月から6月にかけて広く公募した結果、多数のお問い合わせの中、23件の応募があり、7月に書類選考、面接選考を実施した結果、6組の活動に対する採択が決定しましたので、お知らせいたします。
今後は、このページにて採択者の活動報告や活躍する姿をアップしていきます。また、次年度については詳細が決まり次第、ご報告いたします。

『ノベルズ チャレンジ基金』(第1期)採択者が決定

2020年8月24日(月)採択者決定セレモニーを開催!

(後列左から赤間さん、上原さん、榛澤さん、近藤さん、前列左からノベルズ・竹川監査役、合歓垣さん、笹渕和花さん、遥人さん、ノベルズ・西尾取締役)

にっぽんチャレンジ(助成金:100万円)採択者:2組

十勝に拠点があり、日本のスポーツ・文化振興活動であること。主な活動範囲が国内及び外国

近藤真衣(こんどう まい)さん【アイスホッケー/28歳・帯広市】

〈主な実績〉 ・アイスホッケー日本女子代表選手
・平昌オリンピック冬季競技大会 出場(2018)

榛沢力(はんざわ ちから)さん【アイスホッケー/19歳・清水町】

〈主な実績〉 ・全国高等学校アイスホッケー競技選手権大会 3位(2018)(北海道清水高等学校1年時)
・NAHL(北米ジュニアリーグ)(2019-20)
・オリンピック強化指定選手(2020-21)

ほっかいどうチャレンジ(助成金:50万円)採択者:3組

十勝に拠点があり、北海道のスポーツ・文化振興活動であること。主な活動範囲が道内全域

上原志津佳(うえはら しづか)さん【スケルトン/26歳・鹿追町】

〈主な実績〉 ・JOCジュニアオリンピックカップ 優勝(2016)
・全日本プッシュスケルトン選手権 2位(2019)
・ヨーロッパカップ参戦 最高8位(2019)

笹渕遥人(ささぶち はると)さん【スピードスケート/16歳・帯広市】
笹渕和花(ささぶち わか)さん 【スピードスケート/12歳・帯広市】

〈主な実績〉 笹渕遥人さん
・北海道中学校スケート大会 500m 優勝(2020)
・全国中学校スケート大会 500m 3位(2020)
笹渕和花さん
・全日本ノービス競技会スピードスケート競技会 小学5年生 500m 優勝 1000m 2位(2019)
・全十勝小学校選手権 500m・1000m 優勝(2020)

合歓垣想太(ねむがき そうた)さん【スノーボード アルペン/12歳・帯広市】

〈主な実績〉 ・SAJ全日本ジュニアスキー選手権 GS 2位(2019)
・SAJ北海道ジュニア技術選手権 優勝(2020)
・SAJ北海道選手権 優勝(2020)

とかちチャレンジ(助成金:25万円)1組

十勝に拠点があり、十勝のスポーツ・文化振興活動であること。主な活動範囲が十勝管内

赤間裕史(あかま ひろふみ)さん【書道家/35歳・帯広市】(雅号:裕堂)

〈主な実績〉 ・改組 新 第3回日展 入選
・十勝文化奨励賞(2020)書道教室「裕徳社」主宰
・書道展「墨緑展」開催(2011-)
・読売書法展 これまで生徒3名が入選

「ノベルズ チャレンジ基金」について

「ノベルズ チャレンジ基金」は、農業ベンチャーとして当社事業活動の原動力となっている挑戦を続ける姿勢や、当社が目指している地域共生による農地および地域全体の価値向上を背景に企画されました。十勝管内を拠点に、スポーツおよび芸術文化(美術・音楽・映像・舞踊・文学・演劇など)活動において将来を担う次世代の育成、地域振興活動に取り組む団体、次世代の選手、アーティストの挑戦的な活動、新たな試みに対して助成するものです。「農業で世界中に驚きと笑顔を」を企業理念に掲げるノベルズグループでは、事業活動や、スポーツ・文化振興活動を通じて、笑顔が溢れるまちづくりに広く寄与してまいりたいと考えており、毎年1回公募を実施する予定です。

2020年度の応募は終了いたしました。
次回のお知らせをお待ち下さい。

十勝の未来を担う、あなたのチャレンジ活動を応援

北海道・十勝に拠点を置く畜産ベンチャー、ノベルズグループは、地域のスポーツ、芸術文化活動の支援を目的に、「ノベルズ チャレンジ基金」を新たに創設しました。

挑戦者募集中

応募締切6月30日(火)

趣旨

「ノベルズ チャレンジ基金」は、十勝管内を拠点に、スポーツおよび芸術文化(美術・音楽・映像・舞踊・文学・演劇など)分野において将来を担う次世代の育成、地域振興活動に取り組む団体や、次世代の選手、アーティスト個人に対して助成するもので、特にこれまでにない新たな試みで、未来につながる活動、将来の活躍を通じて地域に笑顔と元気をもたらしてくれることを期待しています。

募集要項

助成対象者(団体・組織)

十勝に拠点を置く、スポーツ・芸術文化活動の振興団体、育成団体あるいは競技者、アーティスト個人

主な要件

政治又は宗教活動および反社会的勢力と関わりのない事業であること

主な助成対象

  1. スポーツ
    野球・サッカー・スケート等各種スポーツの振興・育成団体(組織)及び競技者個人
  2. 芸術文化
    音楽(楽器演奏、歌唱等各種音楽の振興・育成団体・組織及び個人活動家(ジャンル問わず)、美術(絵画・彫刻)、映像、写真、演劇、舞踊、工芸、陶芸、建築、茶道、華道、アニメーション、マンガなどの振興・育成団体(組織)及びアーティスト個人(例:少年団員がボランティアや地域イベントに積極参加・協力しながら地域コミュニティに貢献。地元伝統文化をYouTubeで世界に発信や、廃校や空き家を活用した芸術文化活動など……)

主な助成対象外の事例

  1. 団体、会員の親睦等、限られた範囲を対象としたもの
  2. 政治的又は宗教的な普及宣伝及び反社会的勢力に関わる活動と認められるもの
  3. 文化祭等学内行事として行われるもの
  4. その他助成にふさわしくないと認められるもの

年齢制限について

【団体・組織エントリー】

 

【個人活動エントリー】

助成金

今回、3つのカテゴリーで、十勝管内に拠点を置く団体・個人から広く募集します。

とかちチャレンジ
(25万円)
  • 十勝に拠点がある
  • 十勝のスポーツ・文化振興活動であること
  • 主な活動範囲が十勝管内
ほっかいどうチャレンジ
(50万円)
  • 十勝に拠点がある
  • 北海道のスポーツ・文化振興活動であること
  • 主な活動範囲が道内全域

※道内全域でイベントや大会に参加。又は活動成果内容を発表している

にっぽんチャレンジ
(100万円)
  • 十勝に拠点がある
  • 日本のスポーツ・文化振興活動であること
  • 主な活動範囲が国内及び外国

※国内外のイベントや大会に参加。又は活動成果内容を発表している

選考基準・方法・考え方

注意点

  1. 書類に不備がある場合は、事務審査の評価項目として、減点の対象となります。受付期限までに提出されない場合は審査の対象外となります。また、書類に不備があっても事務局から連絡はいたしません。
  2. 要件を満たしているかの判断は、提出書類を規定に照らし合わせ、事務局内で審査いたします。判断が難しい場合は、申請者に連絡し、電話またはEメールによるヒアリング確認がある場合もあります。
  3. 最終選考は直接面接となるため、当日参加できる応募者に限らせていただきます。
  4. 申請内容によっては該当者がない場合もございます。

応募方法

所定の申請書に必要事項を記入のうえ、書類一式を揃えて事務局に提出(郵送のみ)。申請書は弊社ホームページからもダウンロードできます。

提出書類一式

①申請書(所定フォーマット)
②事業計画書(自由書式A4用紙1~2ページ程度)
③収支計画書(自由書式A4用紙1~2ページ程度)
④その他(パンフレット・団体規約書類・過去の実績など)
※提出書類はすべて出力用紙に限る(データによる提出は不可)
※④の提出は自由

関連書類

応募締切

2020年6月30日(火)必着

スケジュール

2020年6月30日応募締切(申請書類の提出)
7月上旬書類選考(一次審査)
7月中旬(下旬)最終選考(面接)
7月末~助成通知・助成金の交付

助成後の義務・条件

その他

助成決定者に対し、ノベルズ チャレンジ基金事務局として、活動内容の広報支援を実施します。

審査員

選考結果の発表

選考結果は選考者のみに通知いたします。選考の経緯・決定理由は、採択の可否に関わらずお問い合わせには応じかねますので、あらかじめご了承ください。

個人情報の取り扱いについて

申請用紙に記載いただきました氏名、年齢、所属機関・部門、役職、連絡先、電子メールアドレス等につきましては、「個人情報保護に関する法律」に則り個人情報として厳正に管理し、下記の目的に限り利用します。

1)応募に対する選考および選考結果の通知
2)助成決定後の諸手続きの連絡
3)助成者決定の公表
4)当社管理業務

ノベルズグループについて

ノベルズグループの中核企業、株式会社ノベルズは、畜産業界に新たなイノベーションを起こすべく、2006年に設立した農業ベンチャーです。和牛の繁殖農家が減少し、生産基盤の維持・拡大が求められる中、先進的な肉牛生産システム「交雑種1産取り肥育」により、和牛子牛と交雑種肥育の国産牛「十勝ハーブ牛」を効率的に生産できる体制を確立。2009年にはノベルズ食品を設立し、繁殖から育成、肥育、食品加工販売まで、一気通貫型のビジネスモデルと大規模経営により市場環境の変化へ柔軟に対応しています。2011年には酪農事業に進出。受精卵研究および内製化やICTによるデータ活用により、生産性、収益率の高い日本有数の畜産グループとして成長を続けています。現在、道内で10箇所の牧場を経営するほか、新たに山形県への牧場新設も予定しています。

問い合わせ・書類送付先

「ノベルズ チャレンジ基金」事務局(株式会社ノベルズ 帯広事務所内)
〒080-0013 北海道帯広市西3条南9丁目2 セントラル十勝ビル3F
電話:0155-22-2918(平日 8:00~17:00)  E-mail:pr@nobelsgroup.com

Copyright © Nobels. All Rights Reserved.