ノベルズグループ|北海道十勝を拠点に肉牛・酪農・食品事業を展開

沿革

ノベルズグループは、「交雑種1産取り肥育」の事業化を目的とする2006年の株式会社ノベルズ設立に始まり、現在は肉牛・酪農・食品の3事業を軸に成長を続けています。


 

2006年 12月 株式会社ノベルズを設立
2007年 7月 導入した交雑種より黒毛和種の子牛初出生
2008年 4月 「交雑種1産取り肥育」の肥育牛を初出荷
2009年 12月 株式会社ノベルズ食品を設立
2010年 6月 農商工等連携事業計画に十勝スロウフードと提携し、「十勝産経産牛を使用したオールビーフ加工品の開発と販路開拓」事業の認定
7月 株式会社延与牧場、株式会社イートラストを設立
肉用牛肥育経営安定特別対策事業に加入(2009.2出生牛より)
「十勝ハーブ牛」の商標登録
2011年 10月 株式会社ノベルズデーリィーファームを設立、酪農事業を開始
12月 安愚楽牧場より標茶牧場を取得、株式会社ETSを設立
安愚楽牧場より足寄牧場を取得
2012年 4月 関東地方のイトーヨーカドーにて、北海道フェアに十勝ハーブ牛採用
12月 全道のセブンイレブンにて、お弁当に十勝ハーブ牛採用
株式会社丸秀食品を子会社化
2013年 6月 「第1回ノベルズグループ牧場祭」を開催
10月 受精卵ET産子が月間250頭を超える
12月 株式会社ノベルズデーリィーファームにてロータリーパーラー稼働
2014年 9月 ノベルズグループ企業ロゴ及び十勝ハーブ牛ロゴマークを制定
12月 「十勝ハーブ牛」が「2015料理王国100選」に認定
2015年 8月 株式会社御影バイオエナジーを設立
12月 「十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ」が「2016料理王国100選」に認定
2016年  5月 ノベルズデーリィーファームが農場HACCP認証を取得
9月 「創立10周年記念ノベルズグループ牧場祭」を開催
株式会社ノベルズが音更牧場の経営を継承
12月 「十勝ハーブ牛 生タイプ」が「2017料理王国100選」に認定
2017年  3月

平成28年度「ダイバーシティ経営企業100」選定

5月 御影バイオガス発電所が売電開始

 

7月 株式会社ノベルズ帯広事務所開設
8月 株式会社浦幌デーリィファームを設立
10月 株式会社ノベルズ食品が新社屋に移転
2018年  1月 株式会社十勝耕畜クラスターを設立、耕畜連携を推進
オリジナルブランド牛肉「N34」の販売開始
2019年 4月 ノベルズデーリィーファームの出荷乳量が北海道1位を達成
8月 山形県酒田市に酪農牧場、最上町に肉牛牧場の新設を発表
9月 「十勝ハーブ牛ホルモンMONMOM」が東京でオープン 
2020年 4月 オンラインショップ「十勝ハーブ牛専門店」を開設

5月

グループ牧場全体の飼養頭数が、3万頭を突破

 

「ノベルズ チャレンジ基金」を創設

9月

ノベルズグループ帯広本社新設

 

「ノベルズ アグリ奨学金」を創設

 

株式会社ノベルズ肥育センターを設立

11月

北海道外で初の拠点、ノベルズ最上牧場が稼働開始

12月

「第36回十勝和牛枝肉共励会」で最優秀賞

 

株式会社嘉藤農機を設立

2021年 1月

有限会社日新牧場(幕別町)の経営を継承

3月

グループ2拠点の出荷乳量が5万トンを突破(2020年度)

 

株式会社ノベルズブリーディングサービスを設立

 

株式会社ファーム・スタジオを設立

7月

「第33回横浜食肉市場ミートフェア」(和牛の部)で名誉賞

 

ジェラート店「GELATERIA NEVE」が帯広市でオープン

9月

日新牧場をノベルズ肥育センターが吸収合併、同  幕別牧場へ名称変更

10月

「令和3年度第50回全畜連肉用牛枝肉共進会」で農林水産大臣賞

11月

酒田DF育成牧場が完成、鳥海高原デーリィファームも順次を稼働開始

 

企業情報

  • 採用情報
  • 採用情報
  • 採用情報
  • ノベルズアグリ奨学金
  • ノベルズチャレンジ基金
  • 株式会社十勝耕畜クラスターサイト
  • 株式会社ファーム・スタジオ
  • 十勝ハーブ牛ブランドサイト
  • 十勝ハーブ牛ECサイト
  • 十勝ハーブ牛ホルモンMONMOM
  • ジェラートgelaterianeve
ページトップへ