ノベルズグループ|北海道十勝を拠点に肉牛・酪農・食品事業を展開

ノベルズデーリィーファーム

ノベルズグループの酪農事業が推進する「耕畜連携」は、株式会社ノベルズデーリィーファームが十勝管内清水町熊牛地区で運営する酪農牧場を中心に、周辺農家やさまざまなステークホルダーとの共生の輪を一層大きく広げようとしています。


 

共生の輪を広げる酪農ギガファーム

ノベルズデーリィーファーム 株式会社ノベルズデーリィーファームの酪農牧場は、乳用牛のホルスタイン飼養頭数が2,000頭の大台を突破。年間生乳出荷2万tを目指しています

 

デントコーン主体の独自設計飼料を採用

乳量は平均日量35kgの高水準

 地域の畑作農家から供給されるデントコーンを主体にした独自設計の飼料を採用。ホルスタイン種の乳用牛1頭あたりの乳量で日量平均35㎏と高い水準を実現しています。

 

バンカー

デントコーンをサイレージ化

 栽培委託の畑作農家で収穫されたデントコーンを搬入し、これをバンカーで発酵させてサイレージをつくります。

 

給餌

栄養価の高い飼料

 乳用牛には、栄養価の高いデントコーンのサイレージを主体とする独自設計飼料を与えます。

 

搾乳

毎日3回の搾乳

 搾乳は毎日3回。作業を効率化するために、ロータリーパーラーなどを完備しています。

 

バイオマス

バイオマスを専用車両で回収

 バイオガス発電所の原料となるバイオマスを、専用車両を使って各牛舎から回収。

 

黒毛子牛

受精卵移植で黒毛子牛を生産

 酪農牧場は、生乳のみならず、子牛も”主生産物”として同時に生産する経営スタイル。受精卵移植によって、より市場価値の高い黒毛和種の子牛も生産することができます。

 

農場HACCP

衛生管理を徹底

 2016年に農場HACCP認証を取得し、衛生管理を徹底に努めています。

 

事業概要

  • 株式会社十勝耕畜クラスターサイト
  • N34ブランドサイト
  • 十勝ハーブ牛ブランドサイト
  • ノベルズ食品サイト
  • 採用情報へ
ページトップへ